製品案内
強心薬
 心臓はひとときも休まずに働いて、私たちの身体の隅々にまで血液を循環させています。この大切な心臓の働きが弱ったり、何らかの故障ができて血液循環がスムーズにいかなくなると、細胞は酸素や栄養不足に陥って、身体のあちこちにいろいろな障害がおきてきます。階段の上り下りが苦しい、ちょっとした運動でもすぐにどうきや息切れがする、急に立ち上がった時、一瞬クラクラッとするなどは、心臓の病気の初期によくみられます。だからこんな症状を自覚したら、できるだけ早く適切な診断と手当をされることが大切です。

 今日のような合成化学薬品の無かった昔では、お薬といえばすべて天然自然の産物が使われていました。そして私達の祖先は、古くからこんな病気には動物からとったお薬(動物性生薬)が良いことを経験的に知っていました。ジャコウ、ゴオウ、センソ、牛胆、羚羊角というのがそれで、センソとゴオウは世界最古(約2,000年前)の医薬の書といわれている中国の神農本草経に収載されていますので、随分昔から使われていたことがわかります。「近畿養心」「近畿六神丸」は、これを伝承し、現代人にも活用して頂くためにつくられたもので、上記の動物性生薬を主にして、サフランや人参の植物性生薬をバランス良く配剤した生薬強心剤です。

100粒入
300粒入

近畿養心(金粒)

効能効果

どうき、息ぎれ、気付け

主な内容成分

ジャコウ、ゴオウ、センソ、サフラン、牛胆、羚羊角末、人参末、金箔

10粒入
100粒入
500粒入

近畿六神丸

効能効果

どうき、息ぎれ、気付け

主な内容成分

ゴオウ、センソ、サフラン、牛胆、羚羊角末、人参末、沈香末、d−ボルネオール

ジャコウ(麝香): チベット高原、中国西北部に住むジャコウジカの牡の腺分泌物で、強い香気を有し、古くから強心回蘇剤として用いられてきた。これは呼吸中枢の興奮作用によるものとされ、有効成分としてムスコンが知られています。
ゴオウ(牛黄): 牛の胆嚢や胆管中に、極めてまれに見つけ出される小球塊(牛胆石といわれる)で、古くから強心剤として活用され、多くの胆汁酸を含み、呼吸興奮、血圧上昇、心筋収縮増強作用があります。
センソ(蟾酥): シナヒキガエル(中国に住むガマの一種)の耳腺その他皮腺分泌物を乾燥したもので、ごく微量で強い強心作用を有し、近時その有効成分の研究が進み、ブファリン、レジブフォゲニン、シノブファギン等多くの成分が解明されています。
UP